【旅シリーズ】トランプって海外だと通じない むしろ彼だと思われる

みなさん、こんにちは。デジルです。最近読めない漢字を調べてるのですが、これ読めますか?

 

御御御付

 

・・・おおおふ?いやそんなショック受けたようなのやめて(こーゆーやつ:orz)。

・・・ゴゴゴフ? ジョジョの効果音みたいで違う。

 

これ「おみおつけ」なんですね。ふざけてますね、日本語。読ませる気あんのか?

御御御付の出汁とかマジムリでしょ。オオオフノデジルとかゴゴゴフノデジルとかどう考えても結構終盤で出てくる敵スタンドじゃないか。御御御付が暖かくておいしい季節になりましたね。

 

さて、今日は前置きがそこまで長くなくて何よりですが、旅シリーズということでトランプのお話。ちなみに海外だとトランプって通じないです。トランプはPlaying Cardsですね。単純にCardsということもあります。トランプっていうと間違いなくあの大統領だと思われますね。文脈でなんとなくカード系の意味でトランプだと思われても、厳密には「奥の手」とか「切り札」っていう意味なので、ちょっとずれてしまうかもです。

カードの意味でトランプと英語で使わないのですが、一応切り札はTrump。

知らなかったのですが、Trampは「浮浪者」という意味だそうです。

 

〇 Trump is a great trump for USA. (トランプはアメリカの偉大な切り札だ)

✖ Trump is  great tramp for USA.(トランプはアメリカのヤバい浮浪者だ)

これを間違えると色々と大変なので皆さん気を付けましょう。別に彼のことがキライとかそういうのは全くないですよ。むしろスゴイとすら思っています。

 

前置き結局長くなりましたが話を戻すと、大分前に乗り継ぎでカタール ドーハ国際空港で発見。

f:id:setagayadezil:20190506193225j:image

カタールにはThe museum of Islamic Artというイスラム芸術の美術館があり、その直営ショップが空港免税エリアにあります。ちなみにこれがその美術館。

http://www.mia.org.qa/en/

ちなみに建物のデザインはルーブル美術館のガラスピラミッドをデザインしたIM Pei氏が手がけていたりします。さすが世界一のお金持ち国。

 

結構センスのいい雑貨が売ってたりするのですが、その中でも珍しいのがこのトランプ、ご当地感満載です。海外トランプ2デッキのセットになっていることが多いです。

このトランプ、普通の数字柄は至って普通ですが役柄J、Q、Kとジョーカーはなかなか凝ってます。

f:id:setagayadezil:20190506193022j:image

中東民族衣装(男性の白い服はカンドゥーラとかトーブとか呼び、女性の黒い服はアバヤと言います)のJQKに加えて、2枚で繋がるカタール仕様のジョーカー。

ちょっと役柄キャラクターに見つめられているようで複雑な気分です。こっち見んな。

 

最近ではカタール航空が様々な都市に就航しているので、南米もヨーロッパもドーハ経由で便利に飛べたりします。乗り継ぎのドーハ国際空港も免税店充実してるので、こんなご当地アイテムをお土産に探してみるのもいいかも知れません。

 

このトランプの難点は絵柄のインパクトが強すぎて、JだかQだかKだか良く分からなくなることで、神経衰弱とかに全く向いてません。

 

✖ This Trump is very hard to deal with. (このトランプは付き合うの本当に大変だよ)

〇 This Cards are very hard to deal with. (このトランプは扱うの本当に苦労するよ)

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村