【モノシリーズ】これさえあれば安心?防弾カバン

みなさん、こんにちは。デジルです。今日の読めない漢字シリーズはこれ。

 

欧米茄

 

たまに空港で見かけますね。この表記。

厳密には日本で使われている漢字表記ではなく中国語です。

答えは、「オメガ」。時計のオメガです。海外空港の免税店とかだと、中国人旅行客向けにブランドが漢字表記されていて、こう書かれています。

 

最初見たときは、「欧米か!」と一人突っ込みを入れたわけですが。

dic.pixiv.net

 

 

さて、今日の前置きはこのくらいにして本題。

社会人の基本アイテムの一つがカバンですね。ブリーフケースだったり、トートだったり、最近はバックパックなんかも多いです。スーツにバックパックスタイルだと何だかちょっとNYとかのビジネスマンにいそうです。

 

最近でこそぼくはハンズフリーを基本方針としていますが、持たなきゃいけない時もあるビジネスバッグにはこだわりがあります。

仕事柄出張が多く、またパソコン等の持ち運びも多いので、頑丈で便利なカバンといえば、TUMIのアルファシリーズです。

f:id:setagayadezil:20190512190059j:image

ご存知の方も多いかも知れませんが、防弾ベストにも使われるバリスティックナイロン製。水をかけようが、壁にこすろうが、ほとんどダメージありません。かといってGショックじゃないのであんまり無茶しちゃダメです。

 

知らなかったんですけど、TUMIのバリスティックナイロンってFXTっていうやつで、更に強度が高いそうです。益々何とかしてくれる感じです。 

 

機能的にもポケットも多く使いやすく、何よりも仕事が出来る気分になるデザイン(あくまで気分になるだけ)。出張時にはスーツケースにしっかりと引っ掛けて載せられるのも便利です。

 

ちょっと危険な国とか地域とかだと、なんとなく防弾してくれそうな安心感もありましたが、実際の防弾ベストはこのバリスティックナイロンにセラミックやらなにやらを組み合わせているそうで、このカバンだけで防弾してくれるわけではない模様。多分強さ的には防弾少年団の方がちょっと強いのでしょう、グラミー賞にも出てたみたいだし。

 

ちなみにTUMIのカバンにはトレイさープログラムというのが付いており、なくしても戻ってくる(かも知れない)とのこと。拾って届けてもらえれば所有者に情報が入るようになっているようですが、まぁ海外でロストしたらダメでしょうね。返してもらえるとは思えませぬ。

www.tumi.co.jp

 

これまで沢山のTUMIを買ってきましたが、だいぶメルカリ等で手放しました。

今はこの緑色のブリーフケースが手元に残っていますが、出張時には必ず持っていく愛着のあるヤツです。黒が主流ですが、最近はグレーだったり色付きも多少出てます。緑は他に持ってる人に今のところ会ったことがなく、結構レアキャラなんじゃないかと思ってます。

f:id:setagayadezil:20190512190123j:image

こいつは2年ほど前マイアミでの乗り継ぎ時に時間があったので、空港外のアウトレットモールで購入、驚くことに確か200ドルくらいだったと思います。さすがお膝元のアメリカはお買い得ですね。

 

今までTUMIを使ってきた感想としては、ショルダー使用しすぎると結構型崩れするなぁと。しっかり手に持てば崩れることなく長く使えそうです。

 

日本の治安が悪くなった時に備えてこのカバンで通勤しつつ、体鍛えときます。

 

↓ ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村