【モノシリーズ】おフランスのおくつ フランス紳士靴Loding

みなさん、こんにちは。デジルです。

 

おフランスと聞くとスネ夫を連想してしまうのはぼくだけでしょうか?

フランスって一度しか行ったことありませんが(パリのみ)、巷で言われるほど英語が通じない感じはありませんでした。よっぽど日本の方が通じない感じです。

 

さて、フランスと言えば、フランス料理、シャンゼリゼ通り、ワイン、エッフェル等々ですね。ブランドだとルイヴィトン、エルメス、シャネルとかのハイブランドが一通り出てきますね。ヴェルサイユ宮殿もありますね。

 

ranking.goo.ne.jp

 

さて、そんなフランスですが、実は靴も有名だったりします。個人的には英国靴が一番好きなのですが、やっぱり気になってしまいますね。ベルルッティやJMウェストンが有名ですね。ベルルッティはイタリア人の靴職人がフランスで立ち上げた元ビスポーク(受注生産)専門の老舗です。ちょっと今のぼくには分不相応かなぁ、と思っており(お値段的にもなかなかパンチ効いていますし)、まぁいつかね的なブランドです。

 

JMウェストンはビジネスシューズを買う機会がなかったのですが、ローファー一足だけ(右側)。これは非常に楽ちんで(ローファーって怠け者って意味なんだそうな)、飛行機乗るときなんかはこれがベストかも、です。

f:id:setagayadezil:20200208005120j:image

 

日本ではまず見かけないのですが、このLoding(ロディンと発音するそうな)というブランドのビジネスシューズ(左側)。どうやらフランスでは結構たくさんの店舗がある様子で、パリの街中でよく見かける感じ。

 

https://www.loding.fr/en/

 

友人家族とパリに行ったのですが、ふとショーウィンドウを見ると、なんとなく良い感じがしたので、とりあえず店内に入り試着してみると、これがどうもしっくり来る!お値段も200ユーロしないレベル

うーむ、これはとりあえず買ってみよう、ということで一足買って長らく履いてみたのですが、非常に出来がいい感じです。ぼくの主力ラインナップのマグナーニよりも履き心地は柔らかい印象。

f:id:setagayadezil:20200208005202j:image

皮も滑らかで、定期的なブラシ・クリーム・磨きで十分にメンテ可能で、鏡面磨きでピカピカにもなる。超掘り出し物でした。

 

やっぱり日本では扱っていない模様ですね。もっと何足か買っとけばよかった・・・。

次回パリ行ったら絶対に買おう。

 

多分街中いたるところにあります、お店。みなさんもぜひパリに行ったらお試しくださいな。

 

 

↓ポチっとパリジャンパリジェンヌ

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村