【中小企業診断士】事業継続緊急対策(テレワーク)助成金、追加予算獲得中らしいぞ

多くの企業で時差出勤や在宅勤務が取り入れられていますね。

にもかかわらず、意外に電車混んでいるそう。もう電車とかやめちゃえばいいんですよ。止めちゃえ。それか一定以上の利用者数になったら強制的に改札でストップさせてしまうとか?

うーん・・・。結局通勤するという行為が減らない限り、これって解決できないんですよね。やっぱり在宅勤務を基本とするのが一番なのかな・・・と。

 

ぼくはいま本業が在宅ベースなので、あまり混雑した電車に乗る機会はありがたいことに少ないのですが、この日本人の通勤至上主義、何とかならないものか、といつも思ってしまいます。

 

さて、今日は在宅に関するお国の助成金のお話。都内の中小企業さん向け

f:id:setagayadezil:20200331194010j:plain

 

既に取組中の方もおられるかも知れませんが、事業継続緊急対策(テレワーク)助成金。

 

 

これまでのテレワーク助成金

要はテレワークにかかった費用を国が助成しましょう、という支援策です。もともとは東京オリンピックがあったので、その交通緩和に向けて在宅を推進していきましょう、という話で各種テレワークに関する助成金が準備されていました。

 

時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

厚労省の事業ですが、今は「従来のテレワークコース」とか言われています。

www.mhlw.go.jp

助成率1/2、助成金額最大100万円(実際にももう少し細かく、達成目標に応じたボーナスも設定されていました)。経費対象としてはパソコン等のハード類は含まれず

 

新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース

ちなみに先ほどの時間外労働等改善助成金が今回のコロナで強化されたものがこちら。

https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000608839.pdf

(パンフレット)

こちらでは目標達成がどうのこうの、という話はなくなっている他、支給日決定前の取組みであっても2月17日以降であれば遡及対応して助成対象とします、と少しフレキシブルになってます。

 

はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助事業)

他には東京しごと財団が実施していたコレ。もう3月31日で締め切られていますが。

www.shigotozaidan.or.jp

こちらは補助率100%と太っ腹。但し、すでにリストアップされたテレワークシステムの中から選んで取り組む、というスタイル。テレワークのネットワークや環境構築費用の他にPC等端末も対象経費となりますが、消耗品扱いなので10万円未満でないといけないそう。

 

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金

さて、今回のコロナ拡大に対応するためのテレワーク助成ですが、東京しごと財団がこちらも事務局となっています。都内の中小企業さんが対象です。

www.shigotozaidan.or.jp

特徴

コロナ対策ということで、助成率や対象経費等これまでよりも大分幅広めになっています。在宅環境整備して、満員電車とかいうこの世の害悪を消し去るためにはぜひとも積極的に活用していきたいところです。

  • 助成率100%、最大助成金額250万円
  • 申請期限は5月12日(郵送必着
  • 助成対象経費は幅広め(環境構築費用・PC等機器購入費・保守運営費等々)
  • 申請書類もシンプル(他の助成金に比べると、っていう観点で)

ちなみに、当初は2.5億円(=250万円 x 100社想定)程度の予算確保だったそうですが、この状況下申し込みが殺到。

一時は「郵送されても受理できない可能性があります」とウェブサイトに書かれていましたが、この表記が最近なくなりました。

事務局に確認したところ、どうやら刻一刻とコロナの状況が悪化していることを受け、追加予算獲得に動いているとのことで、とにかく申請書を作成し送付して欲しい、とのこと。まだ間に合いそうです。

 

注意点

超万能に見える今回の助成金ですが、要件面以外にも運用面で色々と注意点がありますので、ぼくが今回確認できた部分だけですが共有しておきます。目指せ満員電車廃絶

■PC等購入機器は1アイテム10万円未満!
  • ちょっといいPCだとすぐ10万円超えてしまうので、うまく選びましょう。

見積書が必要!更に1社あたり30万円以上だと相見積書が必要!

  • これが意外にめんどくさい。しかも業者のハンコ付き。通販ウェブサイトじゃダメなんだそうです。今時ハンコ?とか思いましたが。ウェブサイトで買った方が安かったとしてもダメなんだそうです。うーん・・・どうなんだコレ。
  • 1社あたり30万って結構すぐに超えます。例えば8万円のPC4台買ったら超えちゃう。その場合は別の業者から同じ内容の見積書をとって、安い方を採用します、としないといけません。結構手間かかりますな・・・。

支給決定日以降に取り組まないといけない!

  • 支給決定日前に取り組んだ場合、例えばPC等を先に買ってしまった場合、これは助成対象にしてもらえません。しかも事務局は今申請を順次処理しており、書類不備等があればその分一往復・二往復して時間がかかるので、支給決定はその後。今すぐにテレワーク開始したい人は困ってしまいますが、これも決まりだそうな。うーん・・・これもどうなんだ?
その他細かい申請要件等もありますが、これらは都内で普通に営業している中小企業さんならクリアできているような内容ですので、そこまで心配はいらないかと思います。
 

おわりに

今すぐに取り組みたい方は助成率1/2、かつ端末費用は対象にならないですが、新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコースを、時間的余裕がある方は助成率100%、端末費用も対象となる今回の事業継続緊急対策(テレワーク)助成金を申請していく感じですね。
 
とこんな感じの助成金ですが、やはりテレワークを推進して、満員電車を駆逐して、コロナ拡大をとにかく防止していきましょう!
まだまだ申請受付中! (らしい)
 
↓ポチっとテレワーク(満員電車だけは許せん)

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

 

 

満員電車 [DVD]

満員電車 [DVD]

  • 発売日: 2015/09/25
  • メディア: DVD