【世田谷シリーズ(偽)】ニッチ戦略で世界でただ一つ!目黒寄生虫館

最近は美術館も博物館もテーマパークも休館中。仕方ない。

 

こういう時だからこそ、落ち着いたら行こうぜなスポットをご紹介していきます。

 

その前に、中小企業診断士1次試験の企業経営戦略科目での頻出分野の一つでもある競争戦略で登場する「競争地位」

いわゆるリーダー・チャレンジャー・フォロワー・ニッチャーについて。

www.jmac.co.jp

 

色々な書籍やテキストで紹介されていますので、ここでは学術的な内容はちょっと置いといて、ぼくなりの解釈でお伝えします。

 

  • リーダー:市場での王者(シェアNo1)。勝ちパターンがある程度出来ている。
  • チャレンジャー:リーダーに果敢に挑む。革新的な取り組みで逆転を狙う。
  • フォロワー:リーダーをマネする。大抵の場合ちょっと劣化版になりがち。
  • ニッチャー:ニッチな層を狙い撃ち。他の奴らを気にしないマイペース。

 

こういう感じでしょうか。診断士2次試験でも事例2(流通・マーケティング)に登場する会社がどれに当たるのか、を気にしながら解答したりもしますね。

中小企業でキラリと光るのは、大抵ニッチャー。ニッチャーは限られた経営資源でリーダー(大抵は大企業)が攻めてこない市場へ商品力や技術力で訴求するイメージ。

 

これら競争地位のたとえに使われるのが自動車業界ですね。こちらもマイ解釈でこんな感じ。

  • リーダー トヨタ:最強の自動車メーカー。ブランド力が強いのでとりあえずトヨタとか言っておけばOK。似たようなデザインが多くの車に流用されており手抜き感は満載だがそれでも何とかなるレベル。ちなみに運転しても面白くないクルマが多い。特にレクサスは自分で運転してもまるで面白くない。
  • チャレンジャー 日産・マツダ:かつてはトヨタの対抗馬は日産だった気がするが、ゴーン元会長によるコストカット以降、面白みのないクルマばかりになったのでチャレンジャーとしての気概を失ったのでは。最近ではマツダが元気、スカイアクティブや代表的な赤ボディ等、大胆に打って出てきている印象。
  • フォロワー 三菱:昔はディアマンテとかエクリプスとかデボネアとか面白いクルマがあったが、業績不振から微妙なメーカーに。ラインナップも絞ったので、厳密にはリーダーを模倣しきれてませんが、まぁ一応フォロワーポジ。フォロワーはどうしてもリーダーの劣化版となりがちで中古車価格が上がらない為、新車価格も値引きを強いられる。
  • ニッチャー スバル :水平対向エンジンを武器に走りが好きな層にアタック。スバル信者のハートをがっちりキャッチ。確かにいいクルマが多い。最近は家族車的な方面にも力を入れているが、やっぱり水平対向が武器。だからこそトヨタからもオファーがかかり、トヨタ86とスバルRBZは共同開発。

 

さて前置きが究極的に長くなりましたが、外出自粛が解けたら行く場所ご紹介。まさに究極のニッチャーとしか思えない「目黒寄生虫館」ニッチ過ぎるだろ。

www.kiseichu.org

 

世田谷じゃなくって目黒区。目黒通り沿いの普通のビルに入ってます。一見すると分からない感が媚びてなくて素敵。これぞニッチャー。

f:id:setagayadezil:20200224151612j:image

 

世界でただ一つ。日本じゃなくて世界で、っていうあたりが素晴らしい。しかも入館無料なんですよね。

f:id:setagayadezil:20200224151601j:image

 

2階建ての博物資料館。1階入ってすぐにホルマリン漬けの標本たち。寄生虫単体だけではなく、寄生された動物の標本も充実してたりします。
f:id:setagayadezil:20200224151619j:image

 

こんな感じ。寄生虫なのに何やら幻想的。
f:id:setagayadezil:20200224151557j:image

 

レースで編んだノミ。上のひもはサナダムシだそう。
f:id:setagayadezil:20200224151554j:image

 

製作はこの方。寄生虫への愛と狂気を感じます。寄生虫館マニアですね。
f:id:setagayadezil:20200224151606j:image

 

2階に上がるといきなり蝋で出来た寄生虫たち。怖いわ。
f:id:setagayadezil:20200224151623j:image

 

2階は資料展示がメイン。寄生虫の種類や宿主に関する情報、寄生された場合の症状等、子供にも分かりやすく説明しています。それにしてもこれらパネル、完成度高い!
f:id:setagayadezil:20200224151551j:image

 

サナダムシの標本。その横に同じ長さのサナダムシを模したヒモ。8.8mだって、ひょえぇぇぇぇぇぇぇ。こんなん体の中に入ってたら、と思うと震えます((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。
f:id:setagayadezil:20200224151546j:image

 

ヒトにもたくさん寄生虫。
f:id:setagayadezil:20200224151615j:image

 

昔は寄生虫による病気がひどかった日本。歴代の医師や研究者の方々の並々ならぬ努力で、今は予防接種等で殆ど罹らない病気になりました。その足跡を垣間見ることの出来るニッチャー博物資料館。

ちなみにかの西郷隆盛も寄生虫病だったらしいですね。フィラリア感染症からの象皮症。生前は浮腫で陰嚢(タマタマ)が肥大化してしまっていたそう。この辺の説明も目黒寄生虫館にありました。

rekijin.com

 

ちょっとしたお散歩のついでに目黒寄生虫館。Tシャツとかキーホルダーとかも売ってますので是非。はやく再開してほしいなー。

 

↓ポチっと寄生虫(ミギー)

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

 

 

会社を強くする多角化経営の実戦

会社を強くする多角化経営の実戦

  • 作者:山地 章夫
  • 発売日: 2015/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
寄生蟲図鑑 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

寄生蟲図鑑 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

  • 発売日: 2013/08/10
  • メディア: 単行本