【中小企業診断士】診断士1次試験科目 試験後お役立ち度を勝手に呟く

あと3か月を切った診断士1次試験。

 

本質の理解力とラストの記憶定着について少し書きました。

www.setagayadezil.com

 

診断士1次試験は7科目もあって、出題範囲が広いことが特徴。そしてその特徴がこの試験が難しい理由でもあります。

頻出問題に重点を置いて勉強していくのは勿論のこと、捨て問は割り切って諦める、最後はエンピツコロコロと選択肢ウエ祭も活用しながら合格点をゲットするわけですが、勉強のモチベーション維持の観点では、

「いま勉強している科目って役に立つの?」

って気になります。

 

ということで、今回は勝手に7科目のお役立ち度(デジルケース)をお話してみます。

マックス★5つで。

 

f:id:setagayadezil:20200424232638j:plain

 

まず前提条件:

  • デジル本業:会社員(経営企画・営業・マーケ・投資・M&Aを中心に経験)
  • デジル副業:中小企業診断士(サービス業・製造業・IT業中心)

 

経済学・経済政策

本業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

副業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

 

1次試験一発目の科目。苦手意識の強い方々も多いと聞きます。正直ぼくも全然好きじゃありませんでした。今でも全然興味の薄い科目です。

ぼく個人の意見としては、お役立ち度はまるで高くありません。マクロ・ミクロ経済学共に、本業で使う機会があったのは、海外の取引先のエライ人と経済について語るときの基礎知識になるかな、っていうくらいです。

 

副業では全く活用されません。まぁ、この科目基本的に学術分野であり、それの上に既に経済が成り立っているので、土台部分を普段気にすることはないわけですね。

(人間が生活しているうえで地球を日々気にすることがないのと同じ。いや、ちょっと違うんじゃないか・・・?

 

ということで、割り切り科目に認定byデジル。

 

↓勉強法ざっくり。

www.setagayadezil.com

www.setagayadezil.com

 

財務会計

本業お役立ち度 : ★★★★★

副業お役立ち度 : ★★★★★

 

2科目目。お約束科目の一つです。得意な人は超得意、不得意な人は超不得意、と二極化しやすい科目ではないかと思います。

そもそも2次試験にも登場する科目なので、診断士試験全体を通して最重要科目の一つですが、試験後にも超重要、最重要といっても過言ではないと思っています。

 

本業では、何をするにも財務会計で学んだことをベースとして、数字面を気にするようになりました。投資やM&Aはもちろんのこと、もしも財務会計を以前に勉強していたなら、営業・マーケをやっていた時でも、収益面等も考えた動きが出来たはずなんだよなぁ、と思ったりしました。

 

副業では、財務会計の基礎知識は「何よりも優先!」だと思ってます。企業さんと話すにしても、支援するにしても、数字が分かりませんでは正直お話になりません。経営者さんの考えていることと数字が表していることに繋がりがあるのか、どのように数字面から解釈していけばいいのか、等数字はとにかく様々なことを物語ります。企業の「いま」を表し、「さき」を予測する為に必須の科目といっても過言ではないと思います。

 

↓効率的な勉強の仕方はこっち。

www.setagayadezil.com

www.setagayadezil.com

 

企業経営理論

本業お役立ち度 : ★★★★★

副業お役立ち度 : ★★★★☆

 

受験者を毎年悩ます企業経営理論。解釈が難しいポエム的問題や、明らかに宇宙語で問うてくる捨て問が特徴ですが、実は出題範囲は学術的にも実務的にも非常に重要です。

 

本業では、経営企画という担当業務上、特に戦略論と組織論が活きます。戦略論については戦略を考える部署でないとそこまで活きない可能性はありますが、組織論は会社組織に所属している以上、必ず必要になるとも言えます。組織論の主要理論をしっかりと理解しておけば、自分の所属する組織の問題点・課題点を俯瞰することが出来ますし、自信が大小どんな組織であってもリーダー的存在になるときには、その在り方を考えるための土台になるのではないかな?と思うところ。

まぁ、自分の会社・組織の問題点が明確に分かるようになってしまい、しかもそれを自分が変えられないことが分かったときの絶望感ハンパないですけどね。

勿論、営業・マーケ担当している時には、マーケティング理論は結構役に立つはずです(ぼくは営業・マーケのときは肌感覚で独自のマーケティング持論を持っていたのですが、診断士の勉強をするにつれて、それらを理論に当てはめてレビューできたりしました)。

 

副業では戦略論とマーケテイング理論が役に立つ感じ。中小企業さんだとまだまだ組織立っていないケースの方が多いですが、戦略面は使えます。「組織は戦略に従う」という言葉がある通り、まずは戦略。何をする会社なの?何が強みなの?といったところを突き詰めて経営者さんと考えていくのも必要ですからね。

マーケティング理論は、理論を振りかざしてもいけないし、現場感覚だけで動いてもいけない、というのが今のぼくの持論です。理論と現場感覚がバランスよく混ざり合うことで、適切な攻め方・守り方が出来るような気がしています。

経営者さんは現場感覚が強烈に秀でている方が多いので、ここに学んだ理論を当てはめて利害関係者に説明しやすい形にしてみたり、多少の軌道修正をお手伝いすることで、ピントがしっかり合うようになったり、という印象ですね。

 

↓ポエムと宇宙語問題をしっかり見極めて捨てる勉強法ね。

www.setagayadezil.com

 

 

運営管理

本業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

副業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

 

運営管理と店舗管理を学ぶ科目。こればっかりはすみません。ぼくのケースだと全く役に立っていません、いまのところ。だって生産現場も小売現場もないんだもん。

あくまでぼくのケースです。もし今後副業で製造業の本当の製造現場や、店舗を構えた小売業の方々との接点が出てくるとしたら、その時には使えるようになるのかも知れません。

ただ、感覚的には、本チャンの製造業の現場って、やっぱり理論で動いているわけではないと思うんですよね。マーケティングと同じで、理論と現場が融合して初めて意味を成すのだと勝手に思ってます。

 

もっぱらこの科目が活きるのは、コンビニやドラッグストアに行ったときに、陳列棚や動線を確認している時くらい・・・もう少し実践の場があるといいんですけどね。

 

↓興味はなくても勉強はしないといけない・・・。

www.setagayadezil.com

www.setagayadezil.com

 

経営法務

本業お役立ち度 : ★★★★★

副業お役立ち度 : ★★☆☆☆

 

こちらも中々とっつきにくい科目の経営法務。難易度も7科目中で一番高いと言われますね。

本業ではバッチリ役に立っています。会社内の法務部からの上からコメントに何とか耐えられるくらいには。特に投資・M&Aとかに携わるようになると、株式会社とはなんぞや、とか機関設計とはなんぞや、株主総会・取締役会・監査役会うんたらかんたらがある程度イメージ出来るようになります。

それに勿論契約書に関するお話も、昔のような「ふーん(ハナホジー)みたいなことにはならなくなりました。

 

副業だと、まだ使う機会がそこまで多くはないですね。担当する企業さんが事業承継していくとか、事業承継する会社を買いに行く、とかいうステージになれば、大きく活用出来るようになりそうです。

 

ただ、診断士は法律のプロではないので、最後は弁護士と話すことにはなるわけですが、その前段の前捌きくらいはちゃんとやりたいですからね。

 

↓リーガルマインドを身に着けながら効率的に。

www.setagayadezil.com

www.setagayadezil.com

 

経営情報システム

本業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

副業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

 

IT的な科目。正直この科目も全く仕事で使いません。もちろんぼくの勤務先の業種だったり、副業お取引先の業種だったりが原因かも知れませんけど。

 

一般知識としてはそりゃあ知っておいた方がいいものだとは思いますけど。IT関係をお仕事にしている方々からすれば、「は?今頃何言ってんの?」なレベルの内容なんじゃないかなと。

そもそも、今はデジタルの変革とか言っているレベルを遥かに超えていて、ぼくらが想像もつかないような技術がドンドン生まれているような状況です。そんな中この科目を勉強しても実務的には全く焼け石に水なんじゃないかな?と正直思ってしまいます。

 

勉強してるときは結構面白いんですけどね。ただ、あまりにも今の世の中が進みすぎてしまっている、っていう印象です。

 

↓それでも基礎的なところは学んでおきたいです。

www.setagayadezil.com

www.setagayadezil.com

 

中小企業経営・中小企業政策

【中小企業経営】

本業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

副業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

 

【中小企業政策】

本業お役立ち度 : ★☆☆☆☆

副業お役立ち度 : ★★★★★

 

試験科目としては1科目ですが、お役立ち度は経営と政策の2つに分解しちゃいます。

まず中小企業経営については、完全に試験用の勉強です。そもそも毎年データ変わるし。役に立ったことは「日本は中小企業が99%以上」ということを認識できたこと。これは大きいですね。

 

中小企業政策については、本業は大企業なのでほぼ使うことはないですが、副業ではまさに毎日活用しています。といっても試験内容がドンピシャで活きているという訳ではなく、ここで学んだ政策も日々の診断士活動の一つとして活きている、という感じでしょうか。

まぁ個人的にはこの科目は試験突破用と割り切って、直前暗記叩き込みベース、試験翌日全部丸忘れでもいいとは思います。どのみち診断士になってから最新の政策をイヤって言うほど扱うことになりますからね。

 

↓超暗記型だけど、頻出問題狙い撃ち!

www.setagayadezil.com

www.setagayadezil.com

 

おわりに

7科目、独断と偏見の塊として勝手にお役立ち度の星スコアを付けさせていただきました。あくまでこれはぼく個人の環境で考えた場合の星スコアなので、診断士の皆さん一人一人の解釈は全く異なると思います。

 

あえてお役立ち度で総合順位をつけるとすれば、以下の感じですね。

 

  1. 財務会計
  2. 企業経営理論
  3. 中小企業経営・中小企業政策
  4. 経営法務
  5. 運営管理
  6. 経営情報システム
  7. 経済学・経済政策

 

ということで、あと3か月弱、気合入れていきましょ。

 

↓ポチっとランキング(お願いだから押してみて下さい)

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村