【モノシリーズ】輝こうよ、時計。クリスタルガード クロノアーマー

モノは買う時も大事ですが、それを長く使うためにメンテナンスをすることも大事

 

忙しい日々(※)で、愛着のあるものへのメンテナンスに休日じっくりと無心で取り組むのは何よりも安らぎだったるするわけですね。

※日々マンガ・ゲーム・副業・ブログ・メルカリとかでとーっても忙しい。仕事なんかしてるヒマない。

 

さて、腕時計好きたるもの、日々のお手入れくらい自分でやってナンボです。

 

詳しくはいつか書きますが、お手入れ道具も大分整備されてきており、歯ブラシ・マイクロファイバー・キョンセーム・ばね棒外しといったスタンダードアイテムに加え、最近は超音波洗浄機や研磨剤、研磨用のルーターまで揃いました。

 

最近ゲットしたのがこちら。

f:id:setagayadezil:20200425205052j:image

「クリスタルガード クロノアーマー」

腕時計専用のクリーニング・コーティング剤です。

 

 

とある時計好きの集まりサイトで話題になってたのでとりあえず買ってみたのですが、使い方がイマイチ分かっておらずインターネットで調べながら早速やってみました。

 

詳しくはここにかなり載ってます。というか、この方が自動車用のクリスタルガードを時計用に開発されるきっかけを作った方のようです。感謝感謝。

 

とりあえずはステンレススチール時計ということで、以下2本。

  1. ロレックス デイトジャスト オイスターパーペチュアル(50年物のアンティーク、祖父から代々渡ってきたもの)
  2. オーデマピゲ ロイヤルオーク(2年前くらいに購入)

 ↓こいつね。

www.setagayadezil.com

 

これBeforeな写真。

f:id:setagayadezil:20200425205111j:image
f:id:setagayadezil:20200425205115j:image

 

 

ネットの見様見真似で恐る恐るスタート。

まずは歯ブラシで大きな汚れを落とすイメージ。あくまで優しく。

f:id:setagayadezil:20200425205121j:image

 

次に超音波洗浄機にかけて、小さな汚れを取っちゃいます。ちなみに時計本体に超音波攻撃すると故障するので、本体を上手く水面から出すか(デイトジャストの場合)、ベルトをすべて外してドボンするか(ロイヤルオークの場合)する必要があります。

ということで、ドボンブクブク

f:id:setagayadezil:20200425205134j:image

 

棒も小ねじもまとめて突っ込む。
f:id:setagayadezil:20200425205131j:image

 

 

ちなみに洗浄している間はこちらを眺めて心を落ち着ける作戦。このムーブメント眺めてるだけでしばらく生きていける気がする。

f:id:setagayadezil:20200425205200j:image

f:id:setagayadezil:20200425205148j:image

 

 

さて、いよいよ今回の目玉クロノアーマーで磨いてみます(厳密にはコーティング?)。やり方は先ほどのサイトに譲るとして、ファイバークロスに5-6回プシュプシュと吹きかけて、時計全体を優しく磨くだけ。以上。

なんと簡単なことか。

 

1回一通りやっただけですけど、確かに少しピカピカしてきたような・・・。

Afterな写真。光の加減もあるぽいですが。

f:id:setagayadezil:20200425205310j:image
f:id:setagayadezil:20200425205313j:image

ちなみにこのクロノアーマー、薄い皮膜を時計の上にコーティングしていくとのことで、回数を重ねるごとにキレイにピカピカ上品に輝いていくそうです。

 

とりあえず1日1回のペースで続けてみようかな、と思ってます。ステンレス素材だけでなく、どんな素材でもOKだそうです。

とりあえず数回やってみたらまた記事アップします。比べてみましょ。

 

在宅ベースで外出しないので、時計もあまり外で着ける機会も少ない時期。1日1回コーテイングしてお手入れしていくにはちょうどよいタイミングなのかも。

 

 

f:id:setagayadezil:20200425205322j:image

ちなみに時計の日付も時間もデイトジャストしていないのはご愛敬。

 

↓ポチっとクロノアーマー(買うべし押すべし)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村