【診断士試験】1次試験まであと2か月くらい! 今からなにすんだっけ?

いよいよ1次試験まで2カ月近くにまで迫ってきました。

このコロナの状況下、本当に実施するの?っていう声もいろいろなところから聞かれますが、今のところは実施の予定。

 

実施・延期・中止の3択しかありませんが、いずれにせよ診断士になるならば1次試験をいつかは通過しなければならないのは間違いない話なので、無心で最後の追い込みをかける時期に差し掛かってきていますね。

 

ぼくが通っていたTAC(1次試験では大変お世話になりました、2次試験ではうーん・・・)で、ぼくが個人的に一番講義が楽しいと思っていた先生が、

 

「受験生の皆さんは前日まで実力伸びます。だから絶対にあきらめないでください。来年でいいや、科目合格でいいや、っていうのは悪魔のささやきですからね」

 

と言っていたのが印象的でした。

 

今年は東京オリンピックの予定だった(過去・・・)為、例年よりも1か月試験が前倒され7月になったわけですが、ぼくの3年前の1次試験2か月前をちょっと振り返りつつ偉そうに語ります。なにやってたかな・・・?

f:id:setagayadezil:20200507224508j:image

 

 

模試の結果を見て・・・

どの試験でもそうですが、模試の結果に一喜一憂する必要はないです。あくまで模試。本番ではないですからね。

とは言っても、模試のいいところは、

①本番試験に近い雰囲気を経験できる

今年は在宅受験だからそうもいかなかったと思いますが。

②今の実力が分かる

1次試験は絶対評価なので、今点数が足りなくても全然問題ありません。あと2か月で合格点に達すればいいだけです。どの課目がどのくらい足りないのか、をちゃんと把握してこの先2か月の勉強スケジュールに活かします。

③苦手分野が分かる

皆必ず苦手科目があると思います。しかもその科目の中でもキライな分野とか。ぼくの場合は運営管理が全般的にスキじゃありませんでした。

こうやって自覚している分野はまだいいのですが、無自覚のうちに苦手な分野、つまり自分では出来ているつもりだけど実は結構間違えている分野、があると厄介です。

模試の結果を自分なりに分析して、何を伸ばすべきなのかを把握したいですね。

 

ちなみに模試でいい点とったら素直に喜んでいいと思いますが、それが実力なのか、ラッキーパンチなのかはちゃんと分析しておきましょう。

単に分からない問題全てに「ウ」ってつけたら合ってただけなのか、それとも2択まで絞り込んだ問題の正答率が高かったのか、もしくはちゃんと自信を持って答えた設問だけで合格点に到達しているのか、といった分析が必要です。

④やっちゃいけないこと

一番やっちゃいけないのは、

「模試思ったよりいい点数だったぜ、余裕だぜ」

(実はラッキーパンチ)

というやつです。これだけは要注意。

ぼくは二次試験でこのパターンで死にますた、ちーん。

 

暗記分野の暗記スケジュールを立てる

診断士1次試験は理解力・計算力・暗記力の3つに分かれると思っています。強いて言うならば、これに「運」の要素も加わりますね。分からなかった場合の「ウエ祭」。

 

暗記色が強いのは、運営管理・中小企業経営/中小企業政策・経営情報システムあたりでしょうか。

企業経営理論・経営法務・経済学/経済政策あたりは本質を理解していれば選択肢は相当絞り込めますし、財務会計は計算力が求められる感じです。勿論どの科目も一定レベル以上の暗記力は必要ですが。

 

試験突破を一つの目標とするのであれば、言い方は悪いですが「スーパー一夜漬け」でOKです。さすがにこの量を一夜で、という訳にはいかないので、直前1か月~2か月で無心に覚えまくる、何なら試験翌日にはキレイサッパリスッカラカンでもいいわけです。

特に2次試験に必要のない、中小企業経営/政策、経営情報システム、更には経済学・経済政策はもうこれでOK。診断士になってから云々という意見もあろうかと思いますが、そんなもんは試験受かって診断士になってから考えればOKです。

ぼくの場合これらの科目あんまり今も使ってませんしね(中小企業政策はそれなりに関係ありますけど)。

 

ということで覚えまくる為のプランをしっかりと立てましょう。人によって覚え方は違うと思うので一概には言えませんが、読みまくるとか、解きまくるとか、声出して読むとか、色々ありますね。

但し、キレイなノートを作る、だけはお勧めしません。どんなにきれいなノートを作っても覚えなければゴミですし、キレイなノートを作ったところでテキストの方が普通キレイに整理されてます。

 

 

理解力科目は誤択を直す

企業経営理論や経済学/経済政策、運営管理の一部や経営法務等の本質を理解しておく科目は過去問とか演習問題を解きまくるのがセオリーですが、2週くらいすると正答選択肢を覚えてしまっていたりします。

「あ、この問題は『イ』だったな!」

とか。

なんやねーん、いみないやーん、という話になってしまうので、そういう時は集中して間違った選択肢を正しく変えてあげましょう。といってもイチイチ文章書き直したりすると時間のムダなので、サクッとその場で口頭で直す感じ。

 

例えば、平成28年度 企業経営理論 第2問

  • 【設問選択肢】市場成長率の高い「花形商品」事業からの大きな余剰資金と「問題児」事業の売却で得た資金は、衰退期に入った業界の「金のなる木」事業に集中的に投入して市場地位を維持することが重要である。
  • 【間違い探し】「花形商品」は余剰資金大きくないし、「問題児」事業売却で資金が得られる可能性は未知数だし将来化けるかも知れないし、そもそも「金のなる気」に資金投入これ以上しないし。
  • 【正解への修正①】市場占有率の高い「金の生る気」事業からの大きな余剰資金と「負け犬」事業の売却で得た資金は、成長期に入った業界の「花形」事業に集中的に投入して市場地位を維持することが重要である。
  • 【正解への修正②】市場占有率の高い「金の生る気」事業からの大きな余剰資金と「負け犬」事業の売却で得た資金は、「問題児」事業に集中的に投入して「花形」事業に育成することが重要である。

といった感じで、これを心の中で直すと、理解力はより深まっていくのではないかと思います。

 

財務会計はコツコツと

ぼくの持論ですが、財務会計は1次試験・2次試験でも最重要科目であり、その後の診断士としての活動や社会人生活においても一番大事な科目の一つだと思っています。

なので、1次試験に向けても毎日コツコツ、10分でも15分でもいいので、とにかく継続することが大事だと思ってます。

いっそのこと生活習慣化してしまうくらいの勢いで。

 

 

おわりに

泣いても笑ってもあと2か月。2か月過ぎたら次は2次試験が待ってますけど、何事も1次試験の突破が全てのスタートになります。

自分のペースを見つけて、効率的な勉強方法を実践して、最大限の効果を上げていきましょう。

ムリ・ムダ・ムラをなくすのが大事!根性論も不要!

 

↓ポチっと2か月前

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

 

意思決定会計講義ノート

意思決定会計講義ノート

  • 作者:大塚 宗春
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本