【モノシリーズ】パナマじゃないのにパナマハット、それとチョコレート

外出自粛してるうちに春も過ぎてしまった感もありますが、春先にはちょっとした帽子でもかぶって過ごしたいところ。

 

ということで突然ですが、今日はモノシリーズの「パナマハット」について。

 

ちょっとパナマハットは上級者向けのような印象もありますが、海外で一つ調達してきました。

ちなみにぼく自身は帽子が「死ぬほど似合わない」男です。自他ともに認めます。

 

でも海外で売ってたら買っちゃうでしょ、というのがモノ好きの性。

 

少し前まで南米エクアドルに仕事でちょくちょく行ってまして、その際にエクアドル名産品の一つでもあるパナマハットを買って帰ってきました。

 

パナマハットと言う割に、パナマの名産品ではないんですよね。「なんで?」と思って調べてみたところ、ここに分かりやすく書かれていました。

bottone.jp

なるほど、パナマ経由で入ってきたからパナマハットなのか。勉強になりますね。

ちなみにこちらがパナマ運河。このあたりは別途旅シリーズでいつか書こうと思います。

f:id:setagayadezil:20200524110739j:image

ということで、エクアドルでのパナマハット。

 

エクアドル首都キトの国際空港で免税店をふらふらしていた時、「そうだ!エクアドルはカカオで有名だからチョコレートを買おう!」と思い、現地で高級チョコレート店としても有名な「Repblica del Cacao」(カカオ共和国)というお店でチョコを物色してると、何やらパナマハットが売ってるじゃないですか。

(ちなみにチョコもご紹介したかったですが、お土産で配りまくり、アッサリと食べつくしたので写真なし・・・)

republicadelcacao.com

 

空港の中にもパナマハットのオブジェあったりします。

f:id:setagayadezil:20200524110742j:image

 

チョコレートとパナマハット、明らかに無関連多角化のような気もしますが、空港で出国する旅行者向けに「名産品のお土産」という共通軸で販売するというのは、なるほど一理あるような気もしますね。

 

チョコをひとしきり買って、パナマハットも購入。

 

日本でちゃんとしたパナマハットを買おうとすると結構値段張ります。例えば有名どころで言えば「ボルサリーノ」。数万円します。結構えぐい。 

 

こちらは確か60ドル~70ドル程度とお買い得です。ちゃんと箱にガッツリ入っているので、持ち帰りにも型崩れしません。

f:id:setagayadezil:20200523180432j:image

 

よく見ると、パナマハット自体は「K.Dorfzaun」というパナマハットメーカーが作っている模様ですね。手作りで一つ一つ丁寧に作っている模様です。いいじゃないですか。

www.kdorfzaun.com

 

ちなみに箱を開けると、Amazonもびっくりな梱包効率の低さ。ですが帽子は型崩れがなによりの敵なので、このくらいしないと怖いのかもしれませんね。
f:id:setagayadezil:20200523180428j:image

 

オーソドックスに白(というかクリーム)で。春先には良さそうです。ぼくはまるで似合いませんけどね。
f:id:setagayadezil:20200523180437j:image

 

このバランスの良い形。勿論新品なので、型もしっかりとついており安心感あります。
f:id:setagayadezil:20200523180421j:image

 

裏面。中折れ部分は何か塗られてますね。こうやって固めてるのか。
f:id:setagayadezil:20200523180440j:image

 

パナマハットメーカーのK.Dorfzaun社とチョコレートショップのRepublica del Cacaoのダブルネームっていうやつです。食品と服飾で領域は違うものの、高品質な名産品のお土産、ということで共通項を見出してダブルネームにしているということでしょう。
f:id:setagayadezil:20200523180425j:image

 (頭のサイズが分かっちゃいますね。61ってたぶんデカい・・・?) 

 

日本に持ち帰ってもう2年くらいになりますが、いまだ使用実績なしのほぼ新品状態。いつか使いたいと思うのですが、いかんせん似合わないと各方面から指摘されてまして、悔しい思いをしております。

 

ちなみに、キトの空港からはアメリカのダラス空港経由で帰ったのですが、ダラスの空港でひと悶着・・。キト空港の免税店からは当然先ほどの箱を機内持ち込みで乗ったんですけどね。

 

(ダラスから成田行きのアメリカン航空に搭乗する際)

係員「持ち込み荷物は2つまでよ」

(ビジネスバッグと機内持込用小型スーツケースとパナマハットの箱もってました )

ぼく「え?だってキトから普通にアメリカン航空で持ち込んできたよ?」

係員「No、例外なし。あずけなさい」

ぼく「こんな箱預けたら潰れるでしょ?アメリカン荷物の扱いクソだし

係員「じゃあ乗らなければいいんじゃない?乗せないわよ」

ぼく「チッ」

 

ということでその場で開梱して帽子かぶって、箱をたたんでスーツケースに押し込みました。その時のぼくはたぶん一番おしゃれな旅行者だったと思います。

 

それにしても、アメリカ系の航空会社のサービスレベルは世界でも最低レベルだと思ってます。結構色々なエアライン乗りましたが、あれに匹敵するのはサウジアラビア航空くらいかな、のレベルです。

 

さて、天気も良くなってきたし、似合わないパナマハットでもかぶろうかな。

 

↓ポチっとパナマハット(パナマではない)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

【ブックマークもお願いします!】

 

ドーフザウン パナマハット キャメル 58cm K1704