【中小企業診断士】非対面型サービス導入支援事業(東京都)やっとキター

新型コロナの影響が顕在化してからぼくが「あるといいなぁ」と言い続けてきた助成金、やっと出てきました。

 

非対面型サービス導入支援事業 by 東京都中小企業振興公社。

www.tokyo-kosha.or.jp

 

2か月くらい前に記事化してました。これの最後の方。

www.setagayadezil.com

 

 

やっぱり市場でのニーズが高かったんでしょうね。そりゃそうだ。

 

でも無事に事業化されて良かったです。

ものすごく簡単に纏めておくと

 

  • 対象は都内の中小事業者(個人事業主・中小企業)
  • 対象取組・経費は「3月31日時点で対面型だった取組で、5月14日以降に非対面型にした場合に要した経費のうち、設備導入費・備品リース費・委託外注費・販売促進費
  • 助成金額は下限50万円~上限200万円
  • 助成率は2/3以内
  • 助成対象期間は2020年5月14日~10月31日
  • 申請受付期間は2020年6月18日~7月31日

 

といった感じです。

色々と細かいポイントはありそうですが、設備導入費には「パソコン購入費」も含めることが出来たりするようです(他の助成金事業ではパソコンは対象外とされることが多い)。但し、その対象事業のみに使用することが条件とはなっていますね。

 

この助成金事業によって、リアル店舗での商品販売をECサイトに切り替えた場合や、リアル店舗でのサービスをオンラインサービスに切り替えた場合等の必要経費を助成してもらえる可能性が高まりますね。

 

まさに今の市場ニーズに合った助成金事業という印象です。

 

申請書は記入例等まだ公表されていませんが、ざっと見る限りではエクセル4シート分程度なので、そこまで強烈に複雑で長いという印象はありませんでした。

 

しっかりと非対面型サービスと取組を説明出来て、必要経費が客観的に判別・理解できれば十分に申請書は記載可能なレベルです。

 

ということで、この助成金事業についても続報等あれば適宜追記していきます。

 

↓ポチっと非対面型サービス導入支援事業(東京都)

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

【ブックマークもよろしくお願いします!】

 

先輩がやさしく教えるEC担当者の知識と実務

先輩がやさしく教えるEC担当者の知識と実務